0263-93-1688 | 〒390-1513 長野県松本市安曇4306(乗鞍高原)

久しぶりの雨で潤った感じの乗鞍です。今日は先日試乗したGDのDOKKE AMのレヴューです。

今回試乗したのはMサイズ。セットアップはMANITOUのMARVEL 120mmストロークCONTINENTALのRubber Queen/Trail King 2.4という太めのタイヤ。ステムも自分としては長めの70mm、ハンドル幅もいつもよりも片側20mmずつは狭いかなという感じでした。

まず印象的なのはカーボンなので軽いということ。フレーム重量が1,300gというのは驚異的です。そのために良く進むということ。ステムが多少長い為にポジションが普段よりも前に出ていたこともあるかとは思いますが、「バイクが転がっていく」という印象です。

軽いと逆に跳ねられてしまうのではないかと思うかも知れませんが、このバイクはしっかりしなって振動吸収してくれます。普段フルサスばかり乗っているので、ハードテールは跳ねられるんだろうなぁと想像していましたが、2.4幅のタイヤとも相まって、ハイスピードで下ってもフルサスに近いイメージで下れる印象です。身体に優しいハードテール。

下りで楽しかったのは、振り回せる旋回性の高さです。少し無理にバイクを振ったりという動作がし易かったです。加えてチェーンステイ長が420mmということもあり、フロントアップ系のトリックがし易い。トレイルで「遊ぶ」ということを考えるとこれはかなりプラスですね。

そして軽さが武器になるのは登り。と言っても登りで競うわけではないので、ストレス無く登ってくれれば自分的には問題ナシです。やはり漕ぎが軽い印象です。

設計面ではカーボン繊維の配置もXCモデルとは違って堅くなく、しなるように設計されています。これはやはり作り手が「自分が山で乗って楽しいバイク」を突き詰めていったからだと思います。その意気込みが感じられるのが嬉しいですよね。

GD DOKKE AM

今回試乗させてもらって、ブレーキの左右が逆だったことと、ステム長やハンドルバー長が違ったので、自分の好みのセッティングで乗るとまた違った評価も出てくるかとは思います。まぁこういった試乗レヴューと言うのは自分の今まで乗ったことのあるバイクとの比較する主観的な要素が強いですが、そういった意味では自分の好みには近かったと思います。

総合的には「日本のトレイルの為に日本人がデザインしたバイク」という表現がベストかと思います。マウンテンバイクの主流は欧米のメーカーであることは事実。確かに「カナダ人が作ったBC州のトレイルの為のバイク」は良いものだし、そのイメージも最高です。それに対して日本のカーボン技術は世界最高峰で、その技術を日本のトレイルで生かすというのもありかなぁと思います。

ここまで来ると全く問題のない最高のバイクといった印象かも知れませんが、残るは価格が¥199,500という点。アルミやクロモリのトレイル用フレームであるとヘタすれば5本買えてしまいます。価格的には “究極の1台” 的な価格です。ただ、このカーボンのしなりはアルミやクロモリと全く違うものだと思います。確かに何台か乗り継いで、これと言うバイクが欲しい方にはお勧めのフレームです。GDでは細かく試乗会を開催しているようなので、ぜひ一度試してみて下さい。