0263-93-1688 | 〒390-1513 長野県松本市安曇4306(乗鞍高原)

この3連休はカラッと晴れて最高の乗鞍センチュリー・チャリティライドとなりました。世界中から集まったライダーが国内最難関のコースにチャレンジしました。

今回はイベント前日にGDANCHORの試乗会が行われ、盛況でした。

Bridgestone ANCHORの試乗車とサポートカー。元XCライダーの宇田川氏がこの車でサポートしてくれました。お陰でライダーの気分も盛り上がりました。

バイクはそれぞれの好みやライディングスタイルで、善し悪しというよりも自分に合っているかが重要。雑誌記事も参考にしつつも欲しいバイクに関しては出来る限り試乗会等に参加して自分の身体で試すのが一番ですね。ymknはDOKKE AM(もちろんMTBですが)を試乗。かなり良かったのでレポートは後日。

GDの国産カーボン試乗車達。

さて、イベントの方は昨日17日朝6時にスタート。今回は57名のライダーが参加しました。毎年参加して下さる常連ライダー、このイベントの為にトレーニングを重ねたライダーに加えて、今回は遠く台湾からもわざわざ参加して下さったライダー達もいます。またいつもお世話になっている松本市のバイクショップ、ミタニサイクルマインドさんはチームメンバー約20名の大所帯で参加してくれました。

担当した中間地点のチェックポイント3

今回で4回目のセンチュリーライドですが、年々参加者が増えていることは嬉しい限りです。コースは日本一タフと言えるもので、乗鞍岳をはじめとして、4つの峠を越える全長153km、獲得標高差4,000m。ライダー達は肉体的にチャレンジされ、痛みや苦しみを越えて走り続けました。単に寄付をするだけでなく、ライダー達はその苦しいときにこそ、今回のチャリティでの寄付対象となる震災被災者や小児ガンの子供たちや家族の痛みや苦しみをほんの少し覚えることができたかと思います。

センチュリー名物 ”裏乗鞍” (岐阜県の方々には申し訳ないですが…)

参加したライダーのみなさん、お疲れさまでした。そして、本当にありがとうございました。写真等は後日アップされる予定です。お楽しみに。