0263-93-1688 | 〒390-1513 長野県松本市安曇4306(乗鞍高原)

色々な雑誌やサイトでバックカントリーが詠われていますが、始めるにはそれなりの準備が必要です。

「バックカントリー行ってみたいです」という話しを良く伺います。バックカントリーと聞くと、誰も滑っていないディープなパウダーの斜面にスプレーをあげるといったイメージを持つ方も多いでしょう。メディアや私達も含めて「バックカントリー=楽しい」というイメージを作り上げているので、やりたいという人が増えるのは当然ですが、いくつか考えるべきことがあります。

まずは雪崩に関しての知識。ymknの所属しているJANでは雪崩講習会を開催しています。また多くの書籍も出ていますので、まずはそういったところから雪崩に関する知識を付けていくことをお勧めします。

ピットを掘って雪の状況をチェックしています。

そして道具。バックカントリーに入るにはそれなりの装備が必要になります。まずは雪崩対策のビーコン、プローブ、シャベル。これらは持っているだけではダメで、いざという時に使えるように練習する必要があります。そして滑走用具を装着できるバックパックにスノーシュー等の登山用具。ウェアもレイヤリングし易いものが良いです。ボードは普段のものでも良いかと思いますが、バインディングを少し後方にセットバックするように設置すると良いかと思います。

ビーコントレーニング中

その次あたりにハイク&ライディング。ハイクはノーススターのビギナーツアーでは2時間程はハイクすることになります。もちろんガイドがペースを調整するので、無理なくハイクできるとは思いますが、普段からバイクやジョギング等の運動をしていることをお勧めしています。

ピークを目指してハイク!

ライディングに関してはいつも質問を受けます。「どの程度滑れる必要がありますか?」と聞かれますが、「特にエキスパートレベルである必要はありません。スキー場内の非圧雪の上級コース(斜度30°以上)をゆっくりでも転倒せずに滑ることができる技術があればどなたでも参加できます。」とお答えしています。

ノーススターでは今シーズンから分かり易いようにライディングレベルを設定しました。バックカントリーツアーの対象ライディングレベルはR8以上としました。そしてそれに合わせてフリーライドレッスンを新設し、よりバックカントリーを想定したレッスンを展開していきます。

こんなスプレーをあげましょう!

というわけで、ある程度滑れる方には雪崩講習やビーコントレーニング等がパックになったビギナーバックカントリーから始めてもらうのがお勧めです。そして、もう少し練習したい方にはフリーライドレッスンを受講してもらって、スプリングバックカントリーでデビューというのもお勧めです。多くのエリアでバックカントリーガイドツアーが行われていますが、ノーススターではスノーボードスクールならではのインストラクションと融合したガイドツアーが可能です。

何より安全にバックカントリーを楽しんでもらえればと思っています。自分の足で登って滑るというのはある意味ライディングのオリジナルなスタイルですし、ハイクの楽しさというのも出てきます。そして何より自然の地形を滑るというのは山の最大の魅力ですよね。ご参加お待ちしています。