0263-93-1688 | 〒390-1513 長野県松本市安曇4306(乗鞍高原)

ガイドミーティングというと硬いですが、要はシーズン終わりにガイド同士思いっきりライドして情報交換&反省会といったところです。

シーズンオフで休暇を頂いていますが、その分「研修」に精を出しています。と言うのも、Trail Cutterのマーシーからシーズン中に何度なく「走りに来る?」と誘われつつも諸事情で全く遊びに行けず、加えてノーススターのツアーを手伝ってもらっているトビーにも「一度上田にも遊びに来てくださいよ」と言われ続けていたので、全部いっぺんにまとめてしまえという企画に。さらにこの数年長瀞西伊豆とシーズン終わりにガイド同士が集まることが恒例化しつつあったのも手伝って、「ガイドミーティング」ということで集まって、走って、色々話そうということになりました。

今回のメンバーはTrail Cutterのマーシー&東松くん。SHOT-PROJECTのホリッチ、上田の長元坊バイシクルツアーズのトビー、ノーススターからはSeth、リキヤ、ymkn。そして元ガイドで今はショップ店長のCLAMPタケという8名。おそらくみんな前日からニヤニヤが止まらなかったはず。

上田のトレイル。ホリッチは翌日に仕事が入り、1日目のみ参加。残念。

上田のトレイル。ホリッチは翌日に仕事が入り、1日目のみ参加。残念。

1日目は上田の長元坊バイシクルツアーズ。5分程遅れて到着すると、すでに全員揃い済み。やる気が伺えます。準備を整えて搬送をしてもらい1,000m程標高を上げます。ダブルトラックのトレイルヘッドには数センチの積雪が。「寒いから早く行こう」と誰かが言うと、どこでスリップするか分からないコンディションのスノーダブルトラックに結構なスピードで突っ込んでいきます。いい感じで下って行くと、北アルプスを北の白馬小谷方面から南の乗鞍岳まで全てを見渡せる眺望。絶景です。このダブルトラックは基本下り基調で適度にアップダウンがあって、初心者のグループだったら景色を楽しみながらゆっくり下れば、マウンテンバイク楽しいって思えて、経験者なら快適に飛ばせて最高でした。

その後はシングルトラックへ。落ち葉の積もったサクサクのトレイルは途中に激下りやバンクが続くパートもあり、変化に富んだトレイル構成。特にこのバンクパートのバンク同士の間隔と斜度が最高で、経験者ならかなりのスピードで突っ込めます。

下山してランチの後は午前中のシングルを半分ほど下った後に林道を登り返して別ルートへ。が、考えてみるとその先の記憶が無い! よっぽど楽しかったんでしょう。この上田エリアは適度な林道が多く、元XCレーサーでもあるトビーはロードのツアーや王滝対策ツアーなども企画中ということで、来シーズンから本格始動に乞うご期待。

CLAMPタケ(中央)はガイドからショップ店長に。トビー(右)はショップ店員からガイドにそれぞれ転身という興味深い組み合わせ。

CLAMPタケ(中央)はガイドからショップ店長に。トビー(右)はショップ店員からガイドにそれぞれ転身という興味深い組み合わせ。

その夜は鹿教湯温泉かつら旅館に宿泊。弱アルカリ性の温泉が心地よく2度も入ってしまいました。ymknと同い年の若旦那もマウンテンバイカーということで、夜のミーティング(飲み会のことです)にもお付き合いいただきました。ミーティングは鹿教湯温泉のわんだーれ。お酒の種類もおつまみ&食事のメニューも豊富で◎。スタートの豆乳鍋はあっというまに空になり、お酒も話も進みます。

ガイド同士なので、真面目なサイドとしてはサービス、ガイディングの仕方、初心者にどう対応するか、事故対応、トレイル事情、売上、料金設定等々、中身の濃いプロとしての話題が尽きません。また、その日走った上田エリアに関してもガイドならではのフィードバックが。

信州は山の国。マウンテンバイクを観光資源の一つとして発展させていくことで県にも働きかけていくということでその夜はまとまったような気がしています。

翌日は早朝から伊那へ移動。Trail Cutterの管理するトレイルへ。この日も快晴。乗鞍もよく見えて、北アルプス、中央アルプス、南アルプス、そして遠く白山まで見渡せる最高の天気。テンションも上がり、スピードも上がり、普段使わない筋肉をフル稼働。

伊那から乗鞍方面を望む

伊那から乗鞍方面を望む

ガイド同士なので、例え転倒して負傷しても野外救急法を取得している面々なので安心。それぞれのローカルガイドがリードはしてくれますが、走れるメンバーなので&仕事モードではないので、リードも基本振り向かず、各自が自分の走りに集中(普段はこれができないんで)。スピードはかなりのものになります。ただし一旦止まって話し出すと話しが終わらないので、結局普段のツアーと所要時間が変わらないのがオチ。

今回も最高のライドをして、「やっぱ、マウンテンバイク最高!」となりました。それぞれ良いシーズンの締めになりました。こんな楽しいものをもっともっと広げるためにガイド同士協力していきたいです。具体的に取り組む提案もあったので、今後の展開に期待してください。また来シーズンも頑張ります。

正面に北アルプス、左に中央アルプスという絶景

正面に北アルプス、左に中央アルプスという絶景

そしてそして、今回はサポートいただいているLOVE BIKESさんからTransition BikesPATROLSCOUTを5日間ほどお借りしました。各ガイドにも試してもらいましたが、それぞれかなりの高評価です。こちらのレポートはまた後日。

Transition Bikes "SCOUT"

Transition Bikes “SCOUT”