0263-93-1688 | 〒390-1513 長野県松本市安曇4306(乗鞍高原)

春から始めるバックカントリー&春だからこそ楽しむ乗鞍岳でのバックカントリーツアーのご案内です。



テレビCMがすっかり春めいて、卒業&進学就職の時期。天気予報アプリには桜前線の話題が、、、とは言え「まだシーズンは終わっていない!」というかた、ぜひノーススターのスプリングバックカントリーをご利用ください。

春の乗鞍岳

先日も「3月のパウダー」を当てましたが、これからは季節外れのパウダー&残雪ザラメシーズン。標高が高くアクセスがしやすい乗鞍岳の最も得意とするシーズンです。今シーズンのスキー場の営業は4月9日(日)までということでそれまではリフトを使って乗鞍岳にアクセスできます。その後4月22日(土)からはいよいよ春山バスが運行され、位ヶ原山荘(2350m)までバスでアクセスが可能になります。

 

バックカントリー初心者にもおすすめ

この時期は気温も上がり、バスを利用することでハイクも短くなるので今シーズンバックカントリーを始めたいと思いつつチャンスを逃していた方にはオススメです。普段は厳しい天候のために困難な登頂の可能性も格段に上がります。

昨シーズン剣が峰(3026m)に登頂した時の様子

この時期は山頂からの景色は抜群。是非これはみなさんに見ていただきたい。

5月末の乗鞍岳山頂からの景色。北アルプスの山並みを一望。

この時期は白い雪と緑の山とのコントラストがとても美しい季節。バックカントリー初心者の方にはこの時期に色々なことに慣れてもらって、来シーズンから本格始動するというのが最もオススメのパターンです。

そして経験者には、体力の続く限り登り返してもらい、残雪を楽しんでいただけます。5月でも稀に新雪が降ることもあります。今年は2500m付近の積雪がたっぷりあるようで、長めの春シーズンを楽しめそうです。5月2週目ぐらいまではスキー場まで滑って帰ってくることも可能です。

この青空! 白い雪!

また、スプリットボードでの挑戦もお待ちしています。昨シーズンも何名かのゲストがFamily Treeデモセンターのスプリットボードやご自分の買ったばかりのものを持ち込んでらっしゃいました。色々とアドバイスさせていただけると思いますので、そういったご利用もお待ちしています。

春のコンディションはパウダーもあり得ますが、メインはザラメ雪になります。この乗鞍のザラメ雪こそ楽しんでもらいたいと思っています。コンディションが合えば非常に走る雪で快適な滑走を楽しむことができます。シーズンの滑り納めはぜひ乗鞍のザラメで。

詳しい内容とご予約はこちらから。ご予約お待ちしています。

穂高連峰をバックに