0263-93-1688 | 〒390-1513 長野県松本市安曇4306(乗鞍高原)

そろそろ全国で来期モデルのスノーボードの試乗会が行われているところですが、1月に行われたディーラー向けのBURTONの試乗会からFamily Treeのライナップをメインにレビューします。

まず、今回Family Treeのラインナップは一新されます。合わせてスプリットボードも一新。来シーズンは要注目です。当日のコンディションはパウダー。30cmぐらいは積もっていたでしょうか? 主に試乗したゲレンデ下部は斜度20度程度でそのパウダーが圧雪されていて、端にパウダーが残っている状況でした。

毎回こんな感じでテントが張られて、多くのディラーさんが商品をチェックしています。

今回はNAKでコーチを務めているRickyと一緒に会場となる白馬五竜に赴きました。

もちろん「BURTONならCUSTOM試乗してこいっ」って話ですが、FAMILY TREEデモセンターということもあり、そちらがメインでの試乗でした。記事の内容を読んでもらうと自分の好みがわかってもらえるかとも思いますが、40代、身長180cm&体重76kgで最近はパークよりもバックカントリー&フリーライディングという流行り物好きです。試乗時のブーツはBURTONのSLX。ビンディングはレギュラーで前20°後-5°、ハイバックの前傾角はF3。通常スタンスは550mmですが、試乗時は各ボードの推奨スタンスで試乗しました。基本的にパークボードであってもしっかりとカービングが出来るボード&年々張りがあって安定感のあるボードを好んでいます。なので、そういったフィルターをかけて読んでもらえるとちょうど良いかもしれません。

Ricky

DUMP TRUCK

大雪のことを英語でDUMP(=たくさん降るという意味で)と言い、滑った後のことをTRUCKと言うので、シャレが効いています。乗ってみるとその名の通り、ダンプトラック状態で、雪質に関係なく進める感じがします。印象的なのはエッジがかなりしっかりと噛んでくれる点。ターンそするとレールに乗っているような感覚になります。ボードの幅もあり、比較的硬めのフレックスのディレクショナルキャンバー。こう書くとパウダー専用という感じがしますが、ある程度脚力のある方にはしっかりと回し込めるので楽しい1台になると思います。158cmと163cmの両方の長さを試しましたが、体重がある、もしくは脚力のある方は長めをチョイスしたほうがボードのメリットをより引き出せるかと思います。結局ymkn個人的にはこれが今回の一番のお気に入りになりました。バックカントリーのの大きな斜面でかっ飛ばしたいですね。この数年のベストボードではないかと勝手に思っています。試乗会に参加したショップスタッフさんたちの間でも評判が高かったようです。

DUMP TRUCK

SKELETON KEY

17のレイトモデルとして一部のディーラーさんで販売されていました。こちらはユニークなシェイプと取り回しが軽いのが印象的。エッジからエッジへの切り返しが跳ねるようにできる軽さが特徴的でした。かといって軽すぎるわけでなく、幅広いコンディションに対応しつつパークもいけてしまいそうな印象です。フレックスも柔らかめで、ディレクショナルキャンバーですが、10mmのテイパーでスイッチもやりやすく、SKIP JACKをより洗練させたイメージです。

SKELETON KEY

WORKING STIFF

”労働者” という意味になりますが、名前にSTIFF(=硬い)とつくので硬めのボードかと思いきや決してそんなことはなく、柔らかめのフレックスです。カービングでしっかりとエッジが噛んでくれて気持ち良く切れ上がってくれます。正直なところSKELETON KEYとの区別が難しいところですが、WORKING STIFFの方がしっとり乗れる感じで、SKELETON KEYの方がよりキビキビといった違いがあるかと思います。こちらもディレクショナルキャンバーです。

WORKING STIFF

DUMP TRUCK SPLIT

スプリットボードもラインナップが一新されています。今回はしっかりとスプリットのバインディングも持ち込んでがっつり試乗してきました(こっちかメインだったかも)。ソリッドボード同様、どっしりとした安心感の高い乗り味です。やはりカービングでエッジがしっかりと雪面に噛んでくれて気持ち良く切れ上がってくれます。あえてギタギタになった荒れたパウダーも滑ってみましたが、ハイスピードで突っ込んでも安定して滑れる好印象です。フレックスはやや固めで現在メインに使っているLANDLORD SPLITよりも張りが強い印象です。試乗したのは159cmですが165cmの設定もあり、個人的には165かなといった感じです。> 春シーズンに行われた165の試乗レポートはコチラ

DUMP TRUCK SPLIT

FLIGHT ATTENDANT SPLIT

17シーズンのレイトモデルとしてその筋のショップで販売されてました。こちらはDUMP TRUCK SPLITよりも柔らかいフレックスで、より幅広い層に受け入れられるスタンダードなスプリットボードです。フレックスがソフトな分、取り回しはし易い印象です。FLIGHT ATTENDANT自体はデビュー当時は固めのフレックスでしたが、ディチューンされて扱いやすくなっています。

FLIGHT ATTENDANT SPLIT

この他にMYSTERY MALOLOというマニアには名前を聞くだけでソワソワしてしまうボードもありましたが、残念ながら試乗できず。定価20万の代物ですが、早期受注する価値あるような気がします。

加えて話題のStep Onですが、先日別の機会に試しました。室内で脱着しただけですが、踵と爪先側で固定するので踵が動いたりズレたりすることが無いのでかなりライディングにはダイレクトなレスポンスになるそうです。販売は選ばれたスペシャリティショップだけとなるようなので、要チェックです。

というわけで、来シーズンのBURTON Family Treeはかなり豊作だと思います。ぜひ試乗会に足を運んでみていろいろ試して物欲に悩まされてみてください。