0263-93-1688 | 〒390-1513 長野県松本市安曇4306(乗鞍高原)

初めてのバックカントリーに挑戦するのはワクワクもあるけど、結構キンチョー。そんな不安を解消するツアー&レッスンのご紹介

シーズンも中盤。「そろそろ山へ」と考えているライダーさんも多いのでは? 初めてのバックカントリーは色々と心配事が多いもの。その色々な心配事を解消しつつ自然のままの山を滑る素晴らしいバックカントリーの世界に足を踏み入れてもらえればと思います。

バックカントリー パウダー

目指せディープパウダー!

安全に関して

バックカントリーに関しての最大の心配と関心は安全だと思います。例えば雪崩コンディションを判断するにはそれなりの経験と知識が必要です。また事故や怪我が起きた場合には山の中でどう救助して対応するかという不安もあります。だからこそ初めてのバックカントリーはガイドツアーを利用してもらえればと思います。ガイドはツアーをするフィールドに精通しているのはもちろん、ガイド資格を所有しガイディングの技術と同時にレスキューの技術も磨いています。日本雪崩ネットワーク雪崩業務従事者資格を所有してアクティブメンバーとして活動し、雪崩コンディションの判断に関してもトレーニングを重ねています。ガイドの所有資格等はこちらから。

ノーススターの初心者向けビギナーバックカントリツアーは余裕を持った1.5日間の開催。1日目にはライディングチェックと簡単な雪崩に関するレクチャーとレスキューに関するトレーニングを行います。これからバックカントリーに入るみなさんにもどういうリスクが存在するかを知ってもらうことで安全にバックカントリーで行動してもらうためです。

バックカントリーコンディション

ガイドによるスノーコンディションのチェック

バックカントリーの専用装備と滑走用具に関して

バックカントリーに挑戦すると考えた場合、ウェアは? 専用のパウダーボードが必要? 安全装備やビーコンは? と色々と準備しなければいけないと思いますが、ノーススターのバックカントリーガイドツアーならFamily Treeデモセンターとしてスプリットボードを含めた各種のバックカントリー向きのボードを取り揃えています。加えて安全装備のビーコン、プローブ、シャベル。登るためのスノーシューにバックパック等必要な装備は全てレンタルが可能です。

ガイドはスノーボード&スプリットボードですが、ツアーにはスキー、テレマーク、スノーボード、スプリットボードとどんな滑走用具でも対応しています。特に最近はスプリットボード買ったけどイマイチ効果的に使えていないという方にもアドバイスさせてもらっています。ご質問は何なりと。

スプリットボードは道具なのでちょっとした使い方にコツがあります。

とりあえずは皆さんにあまり負担をかけずにバックカントリーに挑戦してもらってその魅力を知ってもらいたいと思っています。その上で今後続けられる場合には用具のアドバイスなどもさせていただきます。

ウェアとレイヤリング

ウェアに関しては中綿入りのウェアよりもシェルをお勧めします。最初は無理にゴアテックスの高価なシェルを買う必要は無いかと思いますが、ベースレイヤーやアンダーウェアはしっかりとしたアウトドアメーカーの化繊やウールの製品を着用することをお勧めします。これは山で汗をかいた時にその水分がしっかりと発散される必要があるからです。綿製品のTシャツなどを着用していると着心地はいいのですが、汗が生地の中に保水されてしまい、気温が下がった時にその水分が凍ったりして体を冷やしてしまうことがあるからです。

ベースレイヤーの上にはフリースなどの中間着を着て、その上にシェルを着用します。この重ね着をレイヤリングと言います。ハイクなどで暑いときはシェルを脱ぐこともありますが、レイヤリングをすることで体温調節画しやすくなります。加えてバックパックには小さく収納できるダウンジャケット等の防寒着を非常用に忍ばせればOKです。

ハイク

次なる問題はハイク時間。ノーススターのツアーではおよそ2時間程度のハイク時間を予定しています。もちろん体力のある方や登山をされている方は長い距離のハイクも可能ですが、ガイドツアーではガイドがしっかりとペースをコントロールして、集まったメンバーの中で一番体力の自信が無い方にこっそりとペースを合わせるので安心してツアーに参加してください。それでも不安な方はあらかじめご相談ください。

バックカントリーハイク

晴れていればハイクも快調

ライディング技術

「バックカントリーに挑戦したいけど、自分がどこまで滑れるか分からない」という相談もよく受け付けます。一般的に中級者以上でどのような斜面で、どのようなコンディションでもゆっくりと転倒せずに滑って来られる滑走技術が必要としています。スノーボードであれば特に「斜度30°以上の上級者斜面で直滑降ができること」といった説明もしています。

ノーススターの初心者向けツアーでは1.5日間の日程を使って1日目にライディングのスキルチェックを行います。山で滑走できる技術が十分かどうかをチェックさせてもらいますが、ほとんどの場合は皆さん問題ありません。また2日目のツアーでは参加者のライディングレベルにあった斜面にガイドしています。

バックカントリーのためのフリーライドレッスン

それでも不安な方(スノーボーダーのみですが、、、)はぜひフリーライドレッスンを受講してください。フリーライドレッスンではカービングのスキルを軸にパウダーライディングやツリーライディングのスキルを加えていく形になります。カービング技術は直接バックカントリーで使うスキルではありませんが、カービングターン中に自然と行われている重心の移動技術はバランスという点でバックカントリーでも非常に重要になります。実際にすでバックカントリーを楽しんでいる方でもフリーライドレッスンでスキルアップすることでもっと自由にバックカントリーのライディングを楽しむことができます。

ご要望があればジャンプやドロップもレッスン可能!

まとめ

基本的にノーススターの初心者向けバックカントリーツアー(ビギナーバックカントリー)は1.5日間の開催です。1.5日だと時間的にも精神的にも余裕があり、1日目の半日にしっかりと準備して2日目にツアーに挑戦してもらいます。ツアー参加者はノーススターアルパインロッジでの宿泊を10%割引にてご利用可能です。ぜひご利用ください。どうしても2日間の都合がつかない方は1日のツアーでも対応しますのでご相談ください。

その他バックカントリーやレッスンに関する質問はメールでどうぞ。

これからのシーズンは乗鞍岳の天候も安定し、バックカントリーには良いシーズンになってきます。あなたのバックカントリーライフをノーススターのガイドツアーではじめてみませんか?

安全で最高なバックカントリーを!