0263-93-1688 | 〒390-1513 長野県松本市安曇4306(乗鞍高原)

[jp]うっとうしい雨が続いてますね。7月の本格MTBシーズンに入って以来、スタッフがフリーに走る時でさえまともなドライのコンディションが無いくらいです。比較的水はけの良い乗鞍のトレイルですが、コンディションが悪い場合はトレイル保護のためにツアーをキャンセルにする場合もあります。もちろん許される限りは走ってほしいと思っているので、ゲストの皆様にはツアー前に必ずブレーキングに関するプチクリニックを行っています。[/jp][en]It has been an uncomfortable rainy season this year. We have not had any dry condition even for our staff free riding since starting actual mountain bike season this summer. Even though trails or Norikura have such great natural drain systems, we sometime need to cancel MTB tour to protect trails. Of course we want our guests to ride, when the condition allows we have a short breaking clinic before we start each tour.[/en]

[jp]基本的なことで多くのライダーは知っていることですが、下りではまず腰を引き、重心を後ろタイヤに移す。そしてブレーキングは前ブレーキをロックさせない程度に重めにかけ、後ろブレーキはほぼかけないぐらいの勢いで行きます。そうすることで、急で滑りやすい下りのセクションでも滑らずにコントロールしながら下ることができます。体重移動とブレーキングの両方を合わせて初めて効果のあるテクニックなのでコツをつかむのは難しいですが、これを覚えればトレイルを痛めることが少なくなります。雨が降ったら乗らないというのが基本ですが、トレイルをいたわる走りもしたいものです。[/jp][en]It is really basic technique and most riders might know it. Moving your waist and your Center of Mass to the rear wheel helps when breaking. For breaking, using front break much more than the rear break, actually almost not using rear break. This technique will help you to go down steep and slippery section of trails. Both shifting your weight and breaking make this happen and it is kind of hard to learn but once you learn you will not hurt trails as much. Basically the best way to save a trail is to not ride on rainy day.[/en]